住まいのメンテナンス(床編)

お住いのメンテナンスについて、

 

少し営業の記事になってしまいますが、本当に良いと思う商品の紹介を兼ねて書いてみます。

 

今回ご紹介するのは『お住いの コーティング』です。

施工場所は、床も壁もキッチンやお風呂場などどこにでもできるものです。

 

まずは床

フローリングのお部屋が増えてきた現在、子供が滑った、ペットが滑った、傷がついた、ツヤがなくなった。など、きになる点は数多くあります。

そこで、フローリングのコーティングです。

 

滑ることに関して、お子様の、うちみ、捻挫などから、ペットもケガをします。ペットは深刻な症状になると、『ヘルニア』『脱臼』など治るものもありますが、後遺症の残るものもあります。

 

ここでコーティングの出番です。一見ツヤが出て滑りやすくなるのではないかと思われがちですが、実は逆です。フローリング用のコーティングは防滑(滑りにくくなる)性能があります。

 

キズが付く点でも、ガラス被膜を作るコーティング剤では、かなりキズを防止することが可能です。私のオススメするコーティング剤では、硬度9H。靴摩耗試験では81N(8.3kgf)の荷重を受けた状態で100mmの幅で200mm/sの往復摩擦を600回行う(難しいけど何か大変な試験なんだろうと予測)ことでも剥離なしコーティング被膜ありという結果が出ています。(公の検査機関での結果です)

 

何もメンテナンスをしない状態でフローリングを使用すると、特に陽のあたる箇所では、塗装の剥離など痛みが出てきます。

その状態での対処方法は張り替えしかありません。またワックスなどでメンテナンスをしていたとしても、その都度施工料が発生すること、滑ることなどがあります。

 

総合的にみて、はじめに少しコストはかかりますが、フロアコーティングをすることで、メンテナンス費用を抑えることが可能になるということです。

 

また、私のオススメするガラスコーティングの場合、静電気を起こしにくくなることから、ホコリが取りやすくなります。

私の実体験では、軽く『ふー』っとするだけでかなり舞い上がります。極端なことをお伝えすると、掃除機のスイッチを入れるだけで、かなりの範囲の埃を吸ってくれることになります。汚れも取りやすくなります。

 

という点で、日頃の掃除も楽になるということです。

 

いいことずくめで怪しいですが、これは本当です!※もちろん体に害のあるものではありません。

 

ここから宣伝です。よろしければこちらへどうぞ!

https://wanko-family.jimdo.com