痩せる方法 〜代謝を上げて自然に痩せる〜

引き続き、
③代謝が落ちてしまって何をやっても体に反応がない 
についてお話をしていきます。
食べなくても痩せない、運動しても痩せない、
という方は基礎代謝が落ち切っています。
基礎代謝とは
何もしなくても生命維持のために使われるエネルギー
のことです。
代謝には
1、基礎代謝
2、生活活動代謝
3、食事誘導性熱代謝
があり、それぞれ一日の消費カロリーは
基礎代謝            70%
生活活動代謝     20%
食事誘発性代謝 10%
です。
上の数字だけを見てもいかに基礎代謝が重要かということが
お分かり頂けると思います。
極端に言えば、基礎代謝が高ければ一日動かなくても、
座ってテレビを観ていても、
事務作業をしていても、代謝してくれる訳です。
それほど重要な基礎代謝ですが、
多くの人は”代謝をする=運動”と考えています。
運動(生活活動代謝)も悪くはありませんが、
全体の20%程度ですし、基礎代謝を上げることを
先にやっておけばもちろん運動の代謝も上がります。
何よりも”基礎代謝を上げる”ということを
先に解決しておいた方がとても効率が良いのです。
それでは、基礎代謝が落ちる原因と解決策について
お話をしていきますね。
【原因】
なぜ基礎代謝が落ちてしまうのかということですが、
睡眠不足や食事を抜くなどの生活習慣の乱れや、
冷え、自律神経の乱れ、筋肉量の低下、
食事制限だけのダイエットを繰り返してきた、
ことなどが考えられます。
次に、これらの原因を解決する方法をお伝えします。
【解決策】
1、食べて筋肉量を増やす
筋肉を増やすというと、たんぱく質を摂取したり、
プロテインを飲んだりすることを
想像されると思いますが、それももちろん必要なのですが、
実は大切なのは前回の記事の食べる”(前回の記事へ)
でも触れた酸素を流す食品を摂ることなんですね。
せっかくたんぱく質を摂っても
酸素(燃やす力)がなければ分解できず筋肉になりません。
たんぱく質は朝、昼、晩必ず一品は入れて頂きたいのですが、
なかなか毎食は難しいという方は
摂れない時だけプロテインを利用することも良いと思います。
できるだけ天然の原料を使っているもので、
アミノ酸スコア100というものを選んでくださいね。
ちなみに添加物や薬なども基礎代謝を落とす原因になるので
できるだけ控えた方が良いです。
2、耳ツボで解決する
●耳ツボマッサージをして自律神経のバランスを整える
自律神経が乱れると基礎代謝も落ちます。
自律神経というのは生命維持を勝手にコントロール
してくれる神経です。
生命維持とは呼吸や心臓の動きや血流、体温調整などなのですが、
それらは実は自律神経が勝手に調整してくれているのです。
こんな大切な自律神経が乱れたら
代謝が落ちるだけでは済まされないことが分かりますね。
前回の記事でも書きましたが、
耳ツボマッサージがとっても自律神経に乱れを改善するのには良いです。
マッサージ方法については前回の記事”痩せる方〜ストレスにフォーカスする〜”
耳ツボを刺激する、をご覧ください。
ストレスの耳ツボを刺激して
 ストレスからくる自律神経の乱れや不眠を改善する
ストレスを溜めないでください、というのはなかなか難しいもの。
私自身も楽しいこと以外はやらない主義ですが、
そんな中でも人間関係や育児のストレスは付き物。
しかし、ストレスは放っておけばおく程、ダイエットだけでなく健康までも害するので、
何かしら解決する方法を知っておくことが必要です。
ストレス解決方法は様々な方法があると思いますが、
私は耳ツボを推奨しています。
仕事柄耳ツボをおススメしているということもありますが、
実際効きますので是非活用して頂きたいです。
ストレスのツボと刺激方法については前回の記事、
をご覧ください。
不眠を真剣に改善したい場合は
寝れない時に眠たくなるまで上記のストレスのツボを刺激してください。
●消化器官の耳ツボを刺激して基礎代謝を上げる
最後に、内臓の働きを直接活性化させてしまおう、
という耳ツボです。
いくら内臓を良くしたくても取り出してマッサージすることはできません。
耳ツボなら活性化させたい部分のツボを刺激することで
マッサージするような効果を出すことができます。
それでは消化器官のツボの場所です。
ツボの位置を確認したらイヤーピクを挟み、 
1~2秒押さえます。
これを最低30秒は繰り返してくださいね。
これは1日に何度も刺激して頂きたいのですが、
特に食事の前にやって頂くと食欲抑制の効果もあります。
いかがでしたでしょうか。
全てを実践することは難しいかもしれませんが、
できそうなことからやってみてくださいね。
ダイエットについてまだまだお伝えしたいことはたくさんあるのですが、
これからもテーマ別に少しずつアップしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。
イヤーピクメイト 小泉 茜